イソフラボンイメージ

私とイソフラボンの生活

女性は自分の肌に対して敏感だと思います。
美しくありたいと思うときにまず注目するのが肌だと思うのです。
年齢を重ねた人も肌が美しいとそれだけ若く健康的にみえます。
かくいう私自身も肌には年齢を追うごとに敏感になってきました。
肌ケアがアンチエイジングに最も近い道のりだと考えるようになったからです。
しかしそう思う一方で歳を重ねるごとに肌のハリが落ちて乾燥が気になるようになりました。
私の肌はもともと色黒なうえに紫外線に少しでも当たると日焼けをしてしまいます。
そのうえ一度日焼けをするとなかなかもとの肌色には戻らずいつも頭皮の色をみては実際の肌色はここまで白いのだと思い、それを目標にずっと美白を中心にスキンケアやメイクアップをしてきました。
そんななかで出会ったのがイソフラボンです。
そもそもイソフラボンはhttp://www.virid.us/donnahataraki.htmlにも載っているようにエストロゲンという女性ホルモンの一種とその分子構造がとてもよく似ています。
ですから体内にイソフラボンが吸収されるとエストロゲンの代わりに同じ働きをしてくれるため女性にとって大切な栄養素なのです。
女性ホルモンの低下を抑制することで予防できる病気のリスクも減らすことができる栄養素のひとつなのです。
このように病気に特化した効能ばかりでなくポリフェノールの一種であるためいわゆる細胞の老化防止の効果もあります。
それを活かした化粧水http://www.flooved.com/kesyousui.htmlがドラックストアなどの身近な販売店で購入することができます。
この化粧水はイソフラボンを含んだ豆乳発酵液を使用することによってその保湿成分を肌に還元しようという商品です。
国産有機大豆を通常の製法で豆乳をつくりそこから特殊な製造工程を経てイソフラボンを濃縮した豆乳発酵液をつくりだしその保湿成分をあますところなく活かしています。
この商品を使用した時、ぬるぬるするほどのこってり感がないにも関わらずしっかりと肌の奥まで潤してくれます。
使用後しばらくすると保湿成分が浸透したことを実感できるほどしっとりとしたうえにもちもちの感触になります。
化粧水の他に乳液もありますがこちらを併せて使用すると保湿力とその持続性はさらに高まるように感じます。
なによりも良い点はその価格にあると思います。
ドラックストアで手軽に試してみることができるほど低下価格であるため少しずつ使わずたっぷりと贅沢に使用できるところが着実に効果を現している要因のひとつだと思います。
ここ数年来使用していますが、保湿効果が高まったせいか肌自体に透明感が出てきて白くなったようにも感じます。

イソフラボンはこのようにスキンケア商品として使用するのも良いですが、食事から体内へ摂取するのも大切です。
http://cartyah.hqforums.com/2.htmlにあるような豆乳などの飲料タイプや納豆や味噌などの大豆製品http://www.chanko-waka.jp/ookuhukumu.htmlを積極的に食べていきましょう。
そうすることによって、ホルモンバランスの乱れを整えてくれるので辛い更年期障害の予防や緩和、改善ができます。

▼イソフラボンがもたらしてくれる効果についてはこちら

Copyright(C) 2010 ダイズ.com All Rights Reserved.